クレバリーホーム

更新日:2017年10月15日

クレバリーホームは、千葉に本社を構える新昭和FCパートナーズ社の注文住宅ブランドです。社名に「FC」と入っている通り、全国各地の工務店とフランチャイズ契約をしています。構法は他のハウスメーカーと変わらない一般的なものですが、高品質な外壁タイルが同社の強みとなっています。

そんなクレバリーホームで家を建てた方、あるいは注文住宅を検討中の方々から頂いた口コミをご紹介します。

坪単価など

口コミと評判 建築済み
検討中
法人名 株式会社新昭和FCパートナーズ
法人設立日 1970年4月2日
営業エリア 日本全国
坪単価(推定) 30~60万円
本社所在地 千葉県君津市東坂田4-3-3

口コミと評判

家を建てました!

●●口コミ・体験談募集中です!

注文住宅を検討中です

●●クレバリーホームさんの接客や対応については、非常に良かったです。何より笑顔で元気よく対応してくれて、こちらとしても気持ち良くお話しが聞けたので、それだけでも楽しく、行って良かったなと思いました。

クレバリーホームさんの良さについてですが、タイル張りの外壁にこだわれる辺りや、ローコストの工務店の中ではすこし高い方にはなりますが、大手に比べ安く、それでも大手に近いぐらいの満足感を出せるぐらいの性能の家創りが出来る点ですね。

特に、クレバリーホームさんで性能面で強そうだと思いましたのは、地震や火災に強い家創りが出来ることです。ですので、東海大地震に心配な愛知県に住んでる私は、とても惹かれました。(愛知県・20代男性)

●●近所のハウジングセンター内にあるクレバリーホームの展示ハウスへ行きました。外観も内装も洋風の雰囲気が広がり、建てたい希望の家に近かったので、早速お話を伺うことにしました。

玄関入り口に入ると、すぐに担当者の男性の方が現れました。丁寧な物腰で、とても感じの良い方でした。

肝心のクレバリーホームのモデルハウスは、玄関から利便性の良さを感じさせました。普段家族が使う用の入り口と、お客様用の入り口が分かれており、突然の来客の訪問にも困らないようになっていました。

室内も広いリビングの一部が畳コーナーで、生活しやすい空間が広がっていました。

担当者の方のお話では、クレバリーホームでは、見積もりまでは無料で行ってもらえるのだそうです。こんな素敵なモデルルームを見たら、早速お願いしたい気持ちになりました。(愛知県・40代女性)

●●住宅展示場のクレバリーホームのモデルルームを見てきました。CMでは知っていましたが、最初は正直それほど興味を持っていませんでした。

折角だからとモデルルームに入ってみたところ、外観内装共に洋風で、とてもオシャレな雰囲気でした。今風の家といった印象を持ちました。

特に気に入ったのは、4.5畳ほどの琉球畳が敷かれたリビングルームの一角です。まさしく自分が理想とする部屋づくりがなされていたので、クレバリーホームさんがすっかり気に入りました。

担当者の方は30代前半ぐらいの男性の方だったのですが、人当りも良く、話しやすかったのが良かったです。

家づくりをどう進めていったらいいかよくわかっていないと話すと、おおよその家づくりの流れが書かれた資料をくれました。とても親切に説明して下さり、参考になることが多かったです。

こちらで一度見積もりをお願いしてもいいかなという気持ちになりました。(三重県・40代女性)

▲▲今回初めて一軒家を持つことになり、嬉しい気持ちと不安な気持ちを持ちながら、休みの日には展示場を回っていました。メーカーによっては、玄関辺りで営業の方が待ち構えているので、そのような所は入りづらかったです。

うちは子供がテレビで観た事を覚えていて、クレバリーホームに入って行きました。1人は他の家族を接客していたので、私達は見た目的に少々新人の様な方が話し掛けてきました。

私達も初めての事なので、どのような順番で質問していいのか分からないし、おおざっぱで良いので家の説明などをして欲しかったのですが、なかなか営業トークもしてもらえず、私達の後を何となく付いて来るだけでした。

後半はもう付いて来なくてもいいのにと思うようになりました。上手な声掛けを勉強して欲しいと思いました。(愛知県・40代女性)

▲▲私が展示場を複数回った中で、クレバリーホームの展示場見学に行った時に対応してくれた方が一番ひどかったので書きたいと思います。

展示場見学に行き、リビングに入った途端、すぐに担当者が説明に入りました。そこまでは他社でもある全く問題無い事なのですが、内容が他社で既に聞いた3種類のモジュールについてでした。

「親切に教えてくれているんだ」と思いながらも「すみませんが、他社で既に同じ話聞きました」と伝えました。

しかし、「そうですか〜。まぁ家を建てるなら知っといて損はないですから。それでね…」と全く話をやめようとしません。しかも「他社はどのモジュールか全て選べる所はありません!」と説明していました。

そこで「◯◯◯は選べるって聞いてますけど…」と話すと「選ぼうと思ったら選べるかもしれません」と、適当に濁してまだ話を続けます。

話してる間、何度も既に知ってる旨を伝えましたが、結局20分ぐらい知ってる話+間違った他社情報を話して、ようやく展示場の見学に移りました。

その後、2階に蔵扱いのスペースがあり、今度はそちらの説明に入りました。蔵の知識もあったので「他でこれも聞いてるので説明は結構です!」とはっきり伝えました。

流石にこちらがイラついているのが伝わったのか、今度は伝えた後、少し説明を続けてやめてくれました。その後、訪れたハウスメーカーで唯一個人情報を教えず帰りました。

同価格帯メーカーよりコストパフォーマンスが良いのを調べて訪れたのに、クレバリーホームならではのメリットの話は無かったです。マイホームを建てる上で、担当者ってとても大切なんだなと実感した出来事でした。(大分県・30代男性)