錢高組

更新日:2017年10月15日

大阪府大阪市に本社を置く関西地盤の中堅ゼネコン。歴史が非常に古い会社であり、創業者は西本願寺尾崎別院の建立に棟梁として携わっている。「吾妻橋」「東京大学本館」「本州四国連絡橋 瀬戸大橋」「キャナルシティ博多」等を手掛けた。

現在は、民間建築を中心としており、都市再生関連やオフィスビル事業にも本格的に進出しはじめている。

土木部門ではトンネルや橋を得意とし、豊富な実績を土台に数々の技術開発も行っている。近年は東日本大震災の復興事業等にも携わっている。小説「銭形平次捕物帳」の命名は銭高組の社名と社章をヒントに誕生したことが有名である。

平均年収・売上など

会社名 株式会社錢高組
設立日 創業:1705年
法人設立:1931年4月10日
本社所在地 大阪府大阪市西区西本町2-2-11 なにわ筋ツインズウエスト
公式サイト http://www.zenitaka.co.jp/
売上高 1337億7000万円
総資産額 1503億4900万円
従業員数 1,178人
平均年収 約581万円
平均勤続年数 約21.1年

マンションの口コミ・評判

●●募集中!