スーパーゼネコン

更新日:2017年9月21日

スーパーゼネコンは数ある建設会社の中でも特に規模の大きな会社を指します。厳密な定義はありませんが、主に「単独で売上高が1兆円以上あること」が基準とされています。海外では設計と施工を異なる会社が行う分業制を取っているケースが多いですが、日本のスーパーゼネコンはそれら全てを行うことができます。

現在は以下の5社がスーパーゼネコンとして挙げられています。各社とも高い技術力と開発力を持ち、日本国内だけではなく海外での施工実績も豊富です。また、長い歴史を持っているという点も共通していて、いずれも創業から100年以上が経過しています。ちなみに、歴史が最も長いのは竹中工務店で、1610年創業です。