清水建設

更新日:2017年10月15日

清水建設は東京都中央区に本社を持つスーパーゼネコンです。創業から200年以上も続いていて、建設業界のみならず、世界的に見ても歴史の長い企業と言えます。

建設会社と一括りにしても、会社によって得意分野は異なるのですが、同社の場合は医療機関の建築やLNGタンクの施工に強みを持つと言われています。

代表的な施工物件として、東京池袋のシンボル的存在である「サンシャイン60」、大阪梅田に2010年に誕生した超高層ビル「大阪富国生命ビル」、プロ野球やコンサート会場でお馴染みの「横浜スタジアム」、関西の玄関口で伊丹空港としても知られる「大阪国際空港ターミナルビル」などといった物件が挙げられます。

平均年収・売上など

会社名 清水建設株式会社
設立日 創業:1804年
法人設立:1937年8月24日
本社所在地 東京都中央区京橋二丁目16番1号
公式サイト http://www.shimz.co.jp/
売上高 1兆1,848億6,400万円
総資産額 1兆1,963億1,200万円
従業員数 1万903人
平均年収 約864万円
平均勤続年数 約20.2年

マンションの口コミ・評判

●●駅が目の前という、最高の立地条件もあり、今のマンションを選びましたが、1番の特徴は建物の中心が空間になっていて、周りを囲むように各住居が並んでいる所です。とてもお洒落な造りに、内覧をする前に半分以上決めていました。

部屋の間取りも高級志向になっていて、壁や天井、床などの造りはゼネコンマンションらしい、頑丈な造りになっています。

高層マンションの場合、エレベーターを待つのがネックになりますが、今のマンションは複数台あり、移動速度も速いので、エレベーターへのストレスをあまり感じません。

住む時に不安だったのが、高層なので地震が来たら大丈夫かなという点でした。ゼネコンマンションだからその辺は安心していましたが、数年前の東北大震災の時、安全性を実感しました。

住んでいる地域は、震度5強でかなり強い揺れがありましたが、住んでいるマンションは何一つ破損はありませんでした。

私の部屋は中階層なので、揺れが特に弱く、上階層に住む人に聞いたら、かなり揺れたけど構造がしっかりしているから、心配はあまり感じ無かったと言っていました。(埼玉県・40代男性)

●●築年数は20年前ですが古びた感じはなく大型マンションなので見た目にも迫力がありしっかした外観にひかれ中古購入を決めました。いくつかの棟が並んでいるつくりなっていて1つの棟の戸数は12戸前後でなので廊下なども込み合うことがなく快適です。部屋はメゾネットタイプになっていてマンションですが4SLDKあります。リビングも19畳あり窮屈感もなく戸建てのような快適さで住むことができています。収納も各部屋にあり助かります。L型のカウンターキッチンもお気に入りです。またバルコニーも両階にあり特に二階のバルコニーは広さもあるので便利です。JRの駅からは少し遠いですがバス停が近くにあり本数も多く交通の不便はありません。近くに中学校もあり子供達の姿も多くみかけ比較的落ち着いた場所にあるマンションです。スーパーも近くに数件あり自転車に乗れば大きな公園にも行けるので子育て世代にも生活しやすいマンションだと思います。(兵庫県・30代女性)