アエラホーム

更新日:2018年11月11日

アエラホームは、ローコスト住宅の施工に強みを持つハウスメーカーです。

高気密高断熱住宅が特徴となっていて、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」を何年も受賞しています。できるだけ坪単価は抑えたいけれど、省エネには力を入れたいという方に特におすすめです。

そんなアエラホームで家を建てた方、あるいは注文住宅を検討中の方々から頂いた口コミをご紹介します。

【カタログ比較はしないと損!】坪単価も設計プランも丸わかり
注文住宅カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価など
  2. 特徴・長所
  3. 注文住宅を建てました!
  4. 住宅展示場・モデルハウスを見学しました!
  5. まずはカタログで比較してみよう!

坪単価など

法人名 アエラホーム株式会社
法人設立日 1984年12月22日
営業エリア 東北・関東・中部・近畿・中国・九州
坪単価(推定) 30~50万円
本社所在地 東京都新宿区西新宿6丁目5番1号 新宿アイランドタワー20階

特徴・長所

安心・安全な家づくり

アエラホームでは、家建てる上でもっとも重要な、安心・安全な住まいづくりに力を入れています。まず、家を建てる方が1番気になるポイントである「地震・災害対策」において、主に耐震・制振・省令準耐火の3つの点から対策を行っています。

耐震については、地震発生時に大きな力がかかってしまう接合部に、強固なジョイント金物をあわせ、従来より約2.5倍の強度を出しています。

制振では、建物の骨組み部分に特殊装置を取り付けることにより、振動のエネルギーを吸収する技術を導入し、建物の揺れを小さくしています。

さらに、万一の火災への備えとして、間仕切りの壁上部にはファイヤーストップ構造、1階の天井にはグラスウール、強化石膏ボードなどの防火仕様を標準装備でつけています。

こういった地震や災害に対する取り組みは、火災・地震保険料の大幅な削減にもつながっています。

また、住宅の安全性を脅かすものとして、シロアリによる被害も忘れられないポイントです。アエラホームでは、シロアリ対策として床下換気や抗菌・殺菌作用のある檜を土台につかうなど細かな工夫を施しています。

このように、アエラホームでは、住む人が安心して住み続けることができる住まいづくりを行っている住宅メーカーといえます。

健康リスクを軽減する家づくり

アエラホームでは、快適な住まいづくりへのこだわりとして、住む人の健康リスクを軽減するための取り組みを行っています。そこで、「部屋間温度差によるリスク」「インフルエンザリスク」「アレルギーリスク」の3つのリスクにポイントをおいています。

特に、部屋間で温度差があると危険な例としては、冬場になると特に脱衣所と浴室の温度が低く、血圧の変動によるヒートショックで亡くなる方が増えることが挙げられます。断熱性能が低い住宅ではヒートショックの危険が高まることが知られています。

部屋間の温度差による健康リスクを軽減するために、アエラホームでは一年を通して快適な温度・湿度になるように、外張断熱工法と吹付断熱を採用しています。

また、住宅の湿度を50%以上に保つことでインフルエンザウィルス生存率を下げることができることから、換気システムを導入し湿度対策にも取り組んでいます。

さらに、近年アレルギーを抱える人が増加していることもあり、ダニや花粉、細菌などのアレルギーの原因となる物質が家に入ってくることを防ぐため、2種類のフィルターを換気システムに搭載して対策しています。

このように、アエラホームでは、健康志向の高まりからの顧客ニーズを的確に捉え、快適な住まいづくりに生かしています。

省エネ

家は購入金額だけでなく、購入後の長い期間にかかる費用のことも考えて建てなければいけません。そのような考えから、アエラホームでは購入後にかかる「冷暖房費・光熱費」「税金」「建て替え時の費用」という点から、省エネ住宅に力を入れています。

外張断熱・内側断熱というダブルの断熱を行うことにより、快適な室内温度を保ち冷暖房費を抑えることができる仕組みを構築しました。

また、アエラホームでは長期優良住宅として認定される要件を満たすことにより、税金面で優遇される家づくりを行っています。

そして、アエラホームは、日本の住宅の寿命の長さが諸外国の住宅の半分ほどしかないことから、長寿命住宅への取り組みを行ってきました。

住宅の長寿命化への取り組みにより、アエラホームの住宅は、「耐震(倒壊防止)・耐震(損傷防止)・耐風(倒壊及び損傷防止)・空気環境・劣化の軽減・維持管理・温熱環境(省エネルギー対策等級)」という7つの項目で最高等級の取得が可能となりました。

こうした基本性能がしっかりしていることが、住宅寿命を伸ばすことにつながり、アエラホームの大きな強みの1つとなっています。

注文住宅を建てました!

【カタログ比較はしないと損!】家づくりで失敗したくないなら
注文住宅カタログ一括請求

●●口コミ・体験談募集中です!

住宅展示場・モデルハウスを見学しました!

▲▲私の地元にアエラホームの展示場があり、ずっと気になっていましたが、私が無知だったため、アエラホームのことはあまり知りませんでした。

結婚を機にマイホームを建てることになり、建築関係の仕事をしていた父親にどこで建てるのが良いのか、品質や施工技術が良いところはどこかと聞いてみると、アエラホームを勧められました。

展示場を外から眺めて見て、デザインの良さと、ホームページにあった耐震制震などの災害対策、住む人の健康を考えた家づくりをこだわりとしているところに惹かれました。

ただ、予算にも限りがあったため、アエラホームで建築するとなると予算オーバーになってしまうと考えていたところで、商品の中にセレクトハウスという規格住宅を発見しました。価格についての記載はなかったため、展示場へ直接出向くことにしました。

展示場の女性スタッフにセレクトハウスについて問い合わせると、すぐに資料を用意していただけるとのことでしたのでその場で受け取り、その日は帰りました。

女一人で行ったせいか、展示場を案内されることもありませんでしたし、電話番号を聞かれ、教えたにもかかわらず、電話がかかってこなかったことが非常に残念でした。

頂いたセレクトハウスの資料を見ると、坪数別の間取りプランがあり、その中からセレクトして、家のデザインや仕様を決めていくようでした。

価格も記載があり、あまり注文住宅の知識がない方や、こだわりの少ない方は、こういった規格住宅の選択もありだと思います。

アエラホームの他の商品で建てるよりはお得に高品質の家を建てられると思います。(群馬県・20代女性)

まずはカタログで比較してみよう!

マイホームをお考えの方におすすめなのが、気になるハウスメーカーや工務店をカタログで比較してみることです。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算・エリア・テーマ(高気密高断熱住宅・平屋住宅・ZEH住宅など)といった3つの角度からメーカーを調べて、一括でカタログ請求できます。

無料でカタログを取り寄せられるのはもちろん、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログ一括請求