日本ハウスホールディングス

更新日:2018年11月11日

日本ハウスホールディングスは、日本全国で注文住宅を施工することが出来るハウスメーカーです。創業時からしばらくの間は「東日本ハウス」という社名でしたが、2015年5月からは現在の社名となっています。

住宅業界内ではそれほど大きな企業という訳ではありませんが、グッドデザイン賞やキッズデザイン賞やリフォームコンクール優秀賞など、様々な賞を受賞していて、設計力や技術力はしっかりとしています。

そんな日本ハウスホールディングスで家を建てた方、あるいは注文住宅を検討中の方々から頂いた口コミをご紹介します。

【カタログ比較はしないと損!】坪単価も設計プランも丸わかり
注文住宅カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価など
  2. 特徴・長所
  3. 注文住宅を建てました!
  4. 住宅展示場・モデルハウスを見学しました!
  5. まずはカタログで比較してみよう!

坪単価など

法人名 日本ハウスホールディングス株式会社
法人設立日 1969年2月13日
営業エリア 日本全国
坪単価(推定) 55万円~
本社所在地 岩手県盛岡市長田町2-20
リフォーム あり(日本ハウスHDのリフォーム

特徴・長所

耐震機能を備えた檜の家

日本ハウスホールディングスでは、建築素材に最適な木材である檜をつかった家づくりに力を入れています。

日本ハウスホールディングスが檜を選ぶ理由としては、耐久性の高い素材であること、天然の調湿機能やストレス軽減作用があることなどさまざまです。

檜には、それ自体にも耐久性や建材としての強さがありますが、日本ハウスホールディングスでは、地震に強い家をつくるための構造にこだわりをもっています。

グッドストロング工法と呼ばれる、強い柱・強い床・強い壁の3つに制震システムを組み合わせて高い耐震性を実現させています。

強い柱は、従来のものに比べて断面積が1.3倍、圧縮強さは1.9倍になっており、さらに4面に切溝を入れることでさらに強度を高めています。壁には高倍率耐力壁パネルを使用し、強い床と一体となって地震に耐えることができます。

制震システムは、制震パネルの中央部に、地震によるエネルギーを吸収するダンパーと呼ばれる装置を設置することにより、地震の揺れを抑えることができます。

制震システムは特に中規模の繰り返しの地震に効果的で、日本ハウスホールディングスのグッドストロング工法では、回数を重ねても揺れ幅が大きくならない構造になっています。

安心安全な住まいの提供

日本ハウスホールディングスでは、末永く安心して住むことができ住まいづくりを目指し、設計からアフターフォーローまでさまざまなサポート体制を整えています。

住宅は世代の違う家族が集まる場として、日本ハウスホールディングスの住宅は、幅広い年代の人にとって快適な住まいとなるように、バリアフリー観点から広い空間配置を設定しています。

また、日本人の体格の変化にも着目し、日本ハウスホールディングスの住宅のすべてを一般的なものより大きな寸法にしています。思い切ってすべての住宅に適用することにより、コストの増大などのデメリットもありません。

さらに、アフターフォロー体制については、家のある限り住まいを見守り続けるという考えのもと、定期的な巡回訪問や感謝訪問などを行っています。

60年保証システムという独自のシステムを構築し、一定の条件下のもとで住み始めてからの安全を提供し続けています。

また、24時間対応のコールセンターを設置していることも安心につながる大きなポイントといえます。

環境への配慮

日本ハウスホールディングスでは、地球環境に配慮した創エネと省エネを備えた、高性能で快適な家づくりを行っています。日本で初めて本格的な太陽光発電を住宅に取り入れた住宅メーカーとして、近年では太陽光発電をすべての住宅に標準搭載しています。

太陽光発電システムを設置することにより、家庭で利用する電力を自給自足することができ、環境と家計に同時にメリットが生まれます。

さらに、日本ハウスホールディングスの住宅では、冷暖房の効果を高めることができる熱交換型ダイレクト換気システムを導入し、省エネと快適さを同時に提供しています。

また、エネルギーの節約に効果のあるホームエネルギーマネジメントシステムを導入することで、電気使用量を把握でき、家電の自動制御することも可能にしています。

そして、日本ハウスホールディングスでは、住宅の断熱性を高めることで快適で経済的な住宅を実現させています。木材そのものにも断熱性能はありますが、グラスウールという高性能断熱材を柱の間に入れることで、さらに断熱性を高めています。

また、熱が逃げやすい窓部分についても、断熱性能をもったサッシと窓を採用しています。

このように、日本ハウスホールディングスは、太陽光発電、換気システム、高断熱を組み合わせて快適な家づくりを行っています。

注文住宅を建てました!

【カタログ比較はしないと損!】家づくりで失敗したくないなら
注文住宅カタログ一括請求

▲▲私と主人は、ハウスメーカーをもっと色々と調べてから決めれば良かったと、今も話すことがあります。

日本ハウスHDで家を建てた理由は、土地を買った不動産屋からの紹介があったからです。紹介割などもしてもらえるということで、少しでも費用を抑えられるならと、決めてしまいました。

営業の人も話しやすい方だったので、最初の頃は「よかったね」と主人とも話していました。数ヶ月にわたる打ち合わせも終わり、基礎工事も始まりました。

営業の方が「上棟式もやりましょう」と仰ったので、せっかくだし、やることになりました。準備などは営業の方が準備してくださるとのことでした。

上棟式当日には大工さんや私たちの両親も来てくれましたが、営業の方が集合時間にも来なくて、来たのが1時間も遅れた後でした。

遅れた理由を聞いたら、「上棟式の準備するものが揃わなくて、買い物に行ってました」とのこと。事前に準備をしておくものではないのかと、呆然としてしまいました。

夏の暑い日で、外で両親たちを待たせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。私自身、その頃妊娠中で、外で待つのは辛かったです。

また、工期も1ヶ月程伸びて引き渡しとなったのですが、引き渡し後も外装の工事などが入り、引き渡しをされた感じがしなかったです。

知人が家を建てるときには、あまり紹介したくないなぁと思ってしまいました。(栃木県・30代女性)

住宅展示場・モデルハウスを見学しました!

●●モデルハウスに行ってアンケートを記入した際、後日お電話いただきました。

無料でファイナンシャルプランナーさんが自宅に来てくれて、ライフプランと住宅購入の計画を立ててくださるということでお願いしてみました。

実際、ローンを組んでいくらなら生活が維持できるのか、保険はどうしたらいいのか、子どもを持つとして学費はどのくらい必要なのかなど、今まで真剣に考えていなかったことが住宅購入を通して見えてきて役に立ちました。

営業の方もプランナーの方も親切で、印象はとても良かったです。

ただ、住宅そのものは、価格帯の割りに設備が不十分で、住んでみたら不満が出そうな気がして契約は見送りました。

その後もちょくちょく状況伺いの連絡を下さって、非常に誠実な営業スタイルだなと感じました。(岡山県・30代女性)

▲▲総合住宅展示場のイベントに参加し、アンケート(展示場全体のもの)に回答しました。イベント参加時には日本ハウスHDのモデルハウスは見学しなかったのですが、数日後に自宅に営業の方から電話がかかってきました。

内容は完成見学会の案内でした。見学会の会場が遠方だったことや日程の問題でお断りしたのですが、夜間に自宅にアポなしで訪問され、見学会へしつこく勧誘されました。ご近所の方に聞こえていたらと思うと、とても恥ずかしかったです。

別の日程でも完成見学会があるようで、そちらに伺いたいとお願いしたのですが、今度はモデルハウスに来てほしいと言われ、何故か完成見学会は予約させてもらえませんでした。

しかたなく後日、モデルハウスの方で説明をお聞きする事になり、訪問したのですが、モデルハウスの紹介をしてもらう際も歯切れが悪く、家の良さが全く伝わってきませんでした。ホームページを見る方が分かりやすかったです。

その後、色々とハウスメーカーを回り、他社にお願いしました。(愛媛県・30代女性)

まずはカタログで比較してみよう!

マイホームをお考えの方におすすめなのが、気になるハウスメーカーや工務店をカタログで比較してみることです。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算・エリア・テーマ(高気密高断熱住宅・平屋住宅・ZEH住宅など)といった3つの角度からメーカーを調べて、一括でカタログ請求できます。

無料でカタログを取り寄せられるのはもちろん、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログ一括請求