サンヨーホームズ

更新日:2018年11月11日

サンヨーホームズは、大阪に本社を構えるハウスメーカーです。1969年にクボタハウスという社名でスタートした同社は、2002年に三洋電機に買収されて現在の社名へと改名されました。

その後しばらくは三洋電機グループに属していましたが、2008年に独立を果たし、現在はオリックスやLIXILやセコムなどといった大企業が株主に名を連ねています。

そんなサンヨーホームズで家を建てた方、あるいは注文住宅を検討中の方々から頂いた口コミをご紹介します。

【カタログ比較はしないと損!】坪単価も設計プランも丸わかり
注文住宅カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価など
  2. 特徴・長所
  3. 注文住宅を建てました!
  4. 住宅展示場・モデルハウスを見学しました!
  5. まずはカタログで比較してみよう!

坪単価など

法人名 サンヨーホームズ株式会社
法人設立日 1969年2月1日
営業エリア 関東・中部・近畿・中国・九州
坪単価(推定) 55~65万円
本社所在地 大阪府大阪市西区西本町一丁目4番1号

特徴・長所

ハイブリッド耐震システム

サンヨーホームスでは、高耐震に制震をプラスした技術をハイブリッド耐震システムとして開発しました。

ハイブリッド耐震システムは、揺れに対して「抑制」と「吸収」に着目し、地震の揺れを最大で50%軽減することができます。このシステムは、建物自体の損傷を防ぐ効果だけでなく、中の家具などの転倒を抑制する効果もあります。

耐震性を高めるために採用しているのは、「GSMフレームシステム」いうヨコの揺れに有効な構造体です。左右対称の角パイプの柱と、大型の梁、鋼製の耐力パネルを交差させたブレースでできた構造体で、大地震や台風などの災害から住む人を守ります。

サンヨーホームスは、さらに、制震性アップのため「サンダブルエックスダイナミックダンパー」という巨大地震に特に効果のある制震ダンパーを開発しました。

これは、高減衰ゴムを組み込むことにより、地震エネルギーをうまく吸収することができる仕組みになっています。

また、サンヨーホームズの制震ダンパーのこだわりとしては、高層ビルの免震にも実績のあるブリヂストン社製の高減衰ゴムであることや、高減衰ゴムをプレートとともにサンドイッチのように挟んだ構造にして効果を高めている、ということも挙げられます。

このように、サンヨーホームズでは、独自のシステムで住宅を強くしなやかに守る家づくりを行っています。

ゼロ・エネルギー・ハウス

サンヨーホームズが提案するゼロ・エネルギー・ハウスとは、創エネと省エネの組み合わせにより、太陽光発電などでつくるエネルギーがエネルギー消費量を上回る住まいのことです。

これは、国としても2020年までに住まいの標準とすることを目標に掲げているものです。

サンヨーホームズでは、太陽光・太陽熱・大気熱の3つの自然エネルギーを活用し、環境と家計の両方に優しい住まいを提案しています。

太陽光発電では、太陽光から電気エネルギーを作り、家庭内で使用したり余剰分は電力会社へ売買したりでき、また、蓄電することもできるので、停電時などに使用することもできます。

さらに、太陽光発電に加えてオール電化を取入れていることも高い省エネ効果につながっています。

また、サンヨーホームズでは、熱が逃げやすいサッシやガラスにも注目し、より断熱性の高い高性能なものを標準装備しています。

サッシはアルミと樹脂をうまく組み合わせた「ハイブリッド断熱サッシX」を採用し、ガラスは家のどの部分につけるかによって断熱性能や防犯性能を選べるようにしています。

このように、サンヨーホームズは、環境にやさしい住まいづくりに積極的に取り組んでいる住宅メーカーといえます。

健康を考えた家づくり

サンヨーホームズでは、住宅環境が住む人の健康に大きな影響を与えると考え、家族が安心して幸せに暮らすためには、住宅の空気・温度・あかりという点に注目して家づくりを行っています。

毎日の生活に欠かせない空気について、熱交換型24時間全館換気システムを採用することにより、PM2.5、ダニ、花粉などのアレル物質を除去・抑制しています。その上、アレルブロッククロスというアレルゲンを吸着・抑制する効果のある壁紙を採用しています。

また、サンヨーホームズでは、私たちの体に負担のかかるものとして温度差にも着目し、全館空調システムを採用することで、家の中のどこでも快適な温度で生活できるようにしています。

特に冬場に冷えやすい浴室やトイレなどの温度差を緩和し、ヒートショックの発生を防ぎます。

また、生活のあらゆるシーンでそれぞれに合ったあかりを取り入れることが、住む人のさらに豊かな生活につながると考え、あかりへの取り組みも行っています。

暖色から寒色まで色のバリエーションから明るさなどを、生活のシーンに合わせて使い分けることができます。

注文住宅を建てました!

【カタログ比較はしないと損!】家づくりで失敗したくないなら
注文住宅カタログ一括請求

●●口コミ・体験談募集中です!

住宅展示場・モデルハウスを見学しました!

●●口コミ・体験談募集中です!

まずはカタログで比較してみよう!

マイホームをお考えの方におすすめなのが、気になるハウスメーカーや工務店をカタログで比較してみることです。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算・エリア・テーマ(高気密高断熱住宅・平屋住宅・ZEH住宅など)といった3つの角度からメーカーを調べて、一括でカタログ請求できます。

無料でカタログを取り寄せられるのはもちろん、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログ一括請求