ヤマダ・エスバイエルホーム

更新日:2018年11月11日

ヤマダ・エスバイエルホームは、60年以上の歴史を持つハウスメーカーです。もともとはエス・バイ・エルという社名でしたが、2011年に家電量販店大手のヤマダ電機の子会社となったことから、現在の社名へと改名されました。

そんなヤマダ・エスバイエルホームで家を建てた方、あるいは注文住宅を検討中の方々から頂いた口コミをご紹介します。

【カタログ比較はしないと損!】坪単価も設計プランも丸わかり
注文住宅カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価など
  2. 特徴・長所
  3. 注文住宅を建てました!
  4. 住宅展示場・モデルハウスを見学しました!
  5. まずはカタログで比較してみよう!

坪単価など

法人名 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
法人設立日 1951年6月14日
営業エリア 日本全国
坪単価(推定) 55~65万円
本社所在地 大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー5階
リフォーム あり(ヤマダ・エスバイエルホームのリフォームヤマダ電機

特徴・長所

耐震性

ヤマダ・エスバイエルホームでは、地震大国である日本において、住む人に安心安全な家を提供するため、地震に強い家づくりに力を入れて取り組んでいます。

ヤマダ・エスバイエルホームの住宅は、独自の工法を採用し、高性能で強度の高い木質接着パネルを用いて壁と床を一体とした構造とし、建物全体を頑丈な6面体の箱のような建物にしています。

こういった構造にすることで、地震をはじめとする外からの強い力に対して、パネルによって面全体でバランス良く受け止めることができ、衝撃を地盤へ逃がす仕組みになっています。

また、この6面体の構造は、ねじれの向きの力にも強さを発揮するという特長があります。

さらに、外からの強い力による影響を受けやすい接合部には、ヤマダ・エスバイエルホーム独自開発のジョイント金物を使用し、さらに耐震性を高めています。こうしたヤマダ・エスバイエルホームの耐震性能は、実験や実際の災害において実証されています。

特に、耐震性能を比べる際の指標として、「土台ラインに対して2階の床ラインの変位」がよく使われますが、この指標がヤマダ・エスバイエルホームの工法で建てられた住宅は、従来工法での住宅と比べて、変位を1/2.6にまで抑えられているという結果が出ています。

耐久性を高める壁内換気システム

ヤマダ・エスバイエルホームの家づくりでは、耐久性を高めるためにさまざまな工夫が施されています。

住宅の耐久性にもっとも影響があるのは、湿気といわれていますが、ヤマダ・エスバイエルホームの住宅には、壁換気システムというシステムが導入されており、壁の中に湿気がたまるのを防いでいます。

このシステムは、暖かい空気は上にいくという性質を利用したもので、屋根下の空間において、太陽の熱により暖められた空気が上昇し、上部から外へ出ていきます。

そうすると、屋根下空間では気圧の低下が起き、つながっている壁内の空間から空気を上へ引っ張ってくる力が生じます。さらに、壁内の空間の下が床下の空間なので、そこからも空気が流れていく仕組みになります。

こうして構造部の空間で空気循環の流れをつくることにより、住まいが呼吸するように湿気がたまるのを防ぐことができます。

壁換気システムには他にもさまざまな効果があり、湿気を防ぐことにより構造材の腐食や、シロアリの発生を防ぐことができます。また、外壁からの熱の侵入を減らすことができるので、夏に涼しさを感じることができます。

このように、耐久性を向上させることで、ヤマダ・エスバイエルホームでは、住む人が快適に末永く暮らせる住まいづくりを行っています。

高断熱性による省エネ住宅

ヤマダ・エスバイエルホームでは、断熱性能を高めることによって、省エネ住宅を実現させることができました。

住まい全体を高性能の断熱材で覆うことで、壁断熱・床断熱・天井断熱を行っています。また、サッシやガラスにも断熱性のあるものを採用しています。

さらに、使われている断熱材は、他社で多く使われているグラスウールという断熱材の1.7倍断熱効果のある高性能発泡系断熱材を使用していることも、ヤマダ・エスバイエルホームの大きな強みといえます。

ところが、断熱性を高めた住宅では、空気が流れにくく空気環境の悪化が起こってしまいます。そうした問題に対して、ヤマダ・エスバイエルホームでは、フォーシーズン・エコ換気システムを導入し、室温を保ったまま換気できるようにしています。

排気の温度をつかって新しい外の空気を室温に近づけてから室内に入れているので、快適な室温を保つことができます。

また、外の空気を室内に入れるときに、高性能フィルターを通しているので、PM2.5や花粉、ホコリを取り除くことができるというメリットもあります。

注文住宅を建てました!

【カタログ比較はしないと損!】家づくりで失敗したくないなら
注文住宅カタログ一括請求

●●土地はすでに購入していたので、注文住宅ということで、ハウスメーカーを自分たちで選びました。その時に、こちらのハウスメーカーを選ばせてもらったのですが、しっかりとした家を建ててもらいました。

坪単価は60万円くらいで、地元の工務店さんよりも少し高かったのですが、それでも安心して建ててもらえると思ったので、こちらにしました。

家を建ててもらって3年ほど経つのですが、今も問題なく生活が出来ています。間取りを考える際も、いろいろとアドバイスをもらい、間取りを決めることができたので、良かったなと思っています。

家もしっかりとしていて、駐車場も場所を確保できているので、満足いく家を建ててもらうことができました。(香川県・30代男性)

住宅展示場・モデルハウスを見学しました!

●●注文住宅を建てようと考えていたときに、住宅展示場に行く機会が何度もあり、その際に、ヤマダ・エスバイエルホームのモデルルームを何度か見ました。

ヤマダ・エスバイエルホームの感想ですが、坪単価が高いという印象を受けました。他のメーカーと比較しても、坪単価などが高く、紹介してもらった住宅についても、少しお高い印象を受けました。

モデルルームに関しては、シックな家づくりでモダンな家であり、好みの感じでしたが、あまり浸透していないのもあり、分からない点もたくさんありました。

モデルルームでの接客に関しては、営業マンも勧誘などは一切ありませんでしたし、非常にあっさりとしていたので、拍子抜けしてしまったほどでした。(大阪府・30代女性)

▲▲私が家を建てようとABCハウジングで色んなハウスメーカーを探していた時のお話です。最初に決めたハウスメーカーがヤマダエスバイエルでした。

結局は折り合いが悪くなって、別のハウスメーカーになりましたが、最初に決めた理由はモデルハウスの雰囲気が気に入り、その時に対応してくれた営業マンが感じ良く、実際に建てたユーザーの家を訪問させてくれたり、不動産屋を紹介してくれたりと活発に行動してくれたからでした。

初めて家を建てるので右も左も分からない状態でした。何かと助かり、順調に話が進んでいました。

しかし、家の話は進んでいるのに土地の話が一向に進まず、該当する土地が無いまま家の話だけが先行している事に不安を感じ始めました。

その営業マンは「不動産屋を強くプッシュしているのですが…」と言うのですが、不信に思い、不動産屋に直接確認したところ、そうでは無い事が分かりました。

更に、ヤマダエスバイエルが紹介した不動産屋で土地が決まったら自動的にヤマダエスバイエルの家を購入するのが当たり前と言いだし、契約寸前で破綻する事になりました。

素人だと思って適当な事を言う営業マンは少なからずいるので注意して下さい。(奈良県・40代男性)

まずはカタログで比較してみよう!

マイホームをお考えの方におすすめなのが、気になるハウスメーカーや工務店をカタログで比較してみることです。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算・エリア・テーマ(高気密高断熱住宅・平屋住宅・ZEH住宅など)といった3つの角度からメーカーを調べて、一括でカタログ請求できます。

無料でカタログを取り寄せられるのはもちろん、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログ一括請求