前田建設工業

更新日:2018年9月17日

土木部門・建築部門共に幅広い実績を持ち、特に土木部門を得意とする、準大手ゼネコン。飛島組傘下の建設事務所として創業し、その後現在の会社名へと変更。大手建設会社の中では比較的歴史の浅い会社です。

「青函トンネル」「柏崎刈羽原子力発電所」「香港国際空港ターミナル」等の実績を残しています。業界全体として土木工事が年々減少傾向にある厳しい状況下で、2009年には創業家以外から初めての社長が就任、改革を目指しています。

ボランティアの数名の社員により「ファンタジー営業部」という活動を立ち上げました。これは、SFやアニメ等に登場する土木施設の工事を想定し、工期や工費を算出するとうおもしろい企画であり、他企業とコラボレーションしたり書籍化されたりと、注目を集めました。

近年では太陽光発電施設の建設や集合住宅向けの空調システム等も手掛けています。

平均年収・売上など

会社名 前田建設工業株式会社
設立日 創業:1919年1月
法人設立:1946年11月6日
本社所在地 東京都千代田区神田猿楽町二丁目8番8号 猿楽町ビル
公式サイト こちら
売上高 4677億円2400万円
総資産額 6853億3700万円
従業員数 2746名
平均年収 約860万円
平均勤続年数 約16.8年

マンションの口コミ・評判

●●夢のマンション購入はやはり信頼と実績のあるゼネコンが建設しているマンションと決めておりました。これからは快適に住めることは当たり前でより丈夫であってほしいと思い耐震性もしっかりしたところも候補の一つとして検討を進めていました。立地条件や通勤、個通の便も色々と考えておりましたが、確かに今回購入したマンションよりも通勤や金額面に対しても好条件のマンションがいくつかありました。しかし、耐震性や安全面で少し気になることもあり見送っていましたが、今回ショールームを見学して色々な面で自分にとってやっと納得いく物件に巡り合えました。ゼネコンも前田建設工業とスーパーゼネコンとまでいかなくとも、名の知れた大手ゼネコンでしたので安心できる部分もありました。マンションの設計から施工まで一括で監理している部分も安心感を持てる要素でありました。予算的には予定していた物よりは超えてしまいましたが、今後のことを考えて安心、安全を第一に決め今では後悔せず快適に暮らしております。(宮城県・30代男性)

●●永住予定でマンションの購入を考えていたので、物件選びは慎重にしたいと思っていました。まずは部屋自体の広さと周辺環境や最寄駅までの距離、学区などの希望条件と価格の兼ね合いでエリアを選び、その中で探していました。そうした購入前の時期に東日本大震災が起こり、マンションの構造自体の重要性も再認識しました。ですが、構造の安全性をちゃんと理解するのはやはり素人には難しいですね。説明を受ければなるほど、と思いますが何せ知識がないので、はっきり言ってしまえば設定がホントかウソかもわからない。今のマンションを選んだのは、上記の希望条件と価格の折り合いがついたのと内装の雰囲気が気に入ったのが最終的な決め手でしたが、施工が大手のゼネコンであるということも大きな安心材料になりました。ドームや高層ビルなどの大規模な建造物を造っている会社なら、マンションの構造に関してもしっかりしたものが造れるのではないかな、と思いました。相変わらず地震の多い日本ですが、家に関してはまずまず安心して暮らせています。(東京都・30代女性)

●●マンションに住む場合には、その建物を建築する施工会社がポイントとなります。前田建設工業が施工したマンションに住んで10年が経過していますが、特に問題となる箇所はありません。強いていうならば、マンションの建物自体のヒビ割れが少し気になります。例えば、躯体自体にヒビ割れが発生しているわけではありませんが、地下の駐車場の路面には無数のヒビ割れが入っています。東日本大震災においても、マンションの建物自体の損害もなく、さらに揺れも震度5強という中で、その数字が想像できないくらいの少ない揺れで終わりました。マンション自体を建設している時も、建設途中のマンションの内部の見学会もあり、施工内容を詳しく案内をしていただく機会もありました。私個人的には、前田建設工業の品質や信頼性は高いと言えます。もう時期、マンションの大規模修繕の工事も始まり、前田建設工業が実施すると聞いていますので、安心して施工を任せられると思っています。(神奈川県・40代男性)

●●タワーマンションの建設が顕著なエリアにて、施工前田建設工業株式会社、売主住友不動産株式会社のタワーマンションを新築購入しました。2014年に契約し、2016年に竣工だったため、マンションの場所とモデルルームでの判断で購入を決定しましたが、大手の建設会社が請け負っているということで安心感がありました。実際に入居してみても、モデルルームの時に感じた印象と遜色なく満足しています。1年点検、2年点検と、実際に前田建設工業の方に直接室内を見てもらうのも安心ポイントでした。床暖房を入れているのですが、フローリングと壁の間に隙間が出来てしまい、1年点検の時に質問したところ、「床暖房とエアコンによる空気の乾燥で出来ている隙間で季節的なものですが、気になるようでしたら次の点検時に再度お伝え願えますか。」との丁寧な回答をいただきました。そして1年後、こちらはすっかり忘れていたのですが点検担当の方から、「去年の点検時に気になったフローリングと壁の隙間はいかがでしたか?」と質問してくれました。点検時の引き継ぎ事項もしっかりしていることが分かり、より安心感が増しました。(神奈川県・30代女性)