鹿島建設

更新日:2017年11月16日

鹿島建設は建設業界のリーディングカンパニーと称されるスーパーゼネコンです。「かしま」と呼ばれることが度々ありますが、正確には「かじま」と読みます。かつては東京の八重洲に本社を構えていましたが、現在は同じく東京の赤坂に本社を置いています。なお、八重洲の本社跡は「八重洲ブックセンター」になっています。

国内外で多数の建設実績を持ち、代表的なものとしては、日本の法を司る最高機関「最高裁判所」、お台場観光の目玉にもなっている「フジテレビ本社ビル」、ガラス張りのデザインがユニークな「国立新美術館」、ワールドカップの会場にもなったサッカー専用スタジアムの「埼玉スタジアム2002」などが挙げられます。

平均年収・売上など

会社名 鹿島建設株式会社
設立日 創業:1840年
法人設立:1930年2月22日
本社所在地 東京都港区元赤坂1-3-1
公式サイト http://www.kajima.co.jp/
売上高 1兆325億100万円
総資産額 1兆3,562億2,800万円
従業員数 8,164人
平均年収 約865万円
平均勤続年数 約19.2年

マンションの口コミ・評判

●●オフィスビルを多く手掛けて来た鹿島建設が、民間の居住用マンションのモデルとして作ったうちの一つのマンションに住んでいます。何より「頑丈」という印象です。廊下を歩いたときの安定感と言いますか、重厚な外国車に乗った時のような「地を這うような感覚」に似ているといいますか、そのような感じです。また、「収納スペースが多い」ということも気に入っている点です。衣類を収めるクローゼットスペースや、物置となるスペース、さらに、居住と物置のどちらでも使えるサービスルームと、収納が多くできるための工夫が施されています。そのため、あまり家具が必要なく、室内がすっきりした感じになっています。その他、一戸建てと違ってマンション居住の場合、庭がありませんが、うちのマンションは、まずベランダを広く作ってある点と、共用部の広い敷地に芝生を敷き、樹木を植えているので、すごく気持ちがいいです。また、ベンチを配置したり、子どもが遊べる砂場もあって、周辺の人々も来て憩い、遊んでいます。「人」を中心に置いた設計、施工だと思っています。(東京都・30代男性)