奥村組

更新日:2019年3月2日

大阪府大阪市に本社を置く関西地盤の中堅ゼネコン。土木部門・建築部門共に幅広くこなし、土木分野では特にトンネル工事(シールド工法)や下水道工事を得意としています。「通天閣」「関西国際空港 旅客ターミナル」「第二東名高速道路金谷トンネル」等を手掛けました。

「免震構法」や「リバースコンクリート工法」など、独自の技術を開発し、高く評価されています。免震関連では1987年には日本初の免震マンション工事を受注、今では超高層建物の免震も可能となり、多くの実績を残しています。現在は、大阪市の超高層ビル「あべのハルカス」建設にJVで参加しています。

奈良市の「奥村記念館」は創業100周年の記念に造られたもので、自社の歴史や儀儒津を紹介するとともに、憩いの場として無料開放されています。

平均年収・売上など

売上高や資産額や従業員数などといった各数値は最新のものではない可能性があります。最新の情報は公式サイトや会社四季報などをご確認ください。

会社名 株式会社奥村組
設立日 創業:1907年2月
法人設立:1938年3月3日
本社所在地 大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目2番2号
公式サイト こちら
売上高 1,879億6900万円
総資産額 2,249億200万円
従業員数 1,899人
平均年収 約693万円
平均勤続年数 約20.4年

マンションの口コミ・評判

●●賃貸で住んでいたエリアにタワーマンションが建設されることになり、生活圏も変わらないところに魅力を感じて購入を検討しました。高層階に住みたいとは思っていませんでしたが、やはり地震のこともとても心配で免震について気にしていたのですが、ゼネコンの奥村組が施工ということでネームバリューやゼネコンという響きで安心できた部分はあります。マンション建設の構造説明会にも一応参加したのですが、奥村組の担当の方(20代くらいの若い男性でした)は免震は耐震性能は3、もしくはそれ以上ですとおっしゃっていました。近隣エリアのマンションの価格帯からは割高でしたが、一生の買い物だから安心できるものをということで購入することにしましたが、住み始めた後に建設業界で働く友人に奥村組の評判を聞いたところ、昔は関西のなかでも良い建物を立てる会社として評判だったらしいですが、最近はベテラン、中堅社員がおらず、若手しかいないので、現場の経験が浅いためか品質はかなり落ちているとのことでした。住んでから不満はないですが、そういう噂を後から聞いてしまったのは残念です。(大阪府・30代男性)